共有iPadの画面設定を適用する

最終更新日:2017/03/05

 

【共有iPadの画面設定を適用する】

 

Apple School Manager(以下、ASM)の共有iPadとして設定された端末では、アプリのアイコンを長タップ後に移動することができません。
MobiConnectでは、共有iPadの画面設定機能を使用することで、共有iPadを好きなアイコンの配置で使用することができます。

ここでは、共有iPadの画面設定を適用する手順について説明します。

 

【ポイント】 画面設定を適用する際の仕様について
  • 画面設定を適用するのは、端末単位ではなく、ユーザーに対して適用する
    ※ 端末本体に対して適用し、即時適用するものではない
  • 適用した画面設定が反映されるのは、ユーザーが共有iPadにログインしたタイミング
  1. 共有iPad画面設定を適用する
  2. 端末側の動作について
  3. 適用中の画面設定を変更する

共有iPad画面設定を作成する手順は、こちらの記事を参照してください。

 

 

1. 共有iPad画面設定を適用する

共有iPad画面設定を適用する手順は、下記の通りです。

(1) 「ASM」>「共有iPadの画面設定」>「画面設定適用」を選択
(2) 適用する画面設定が登録されているグループを選択
(3) DEPトークンを未選択の場合はプルダウンリストより選択

1.png

 

(4) 適用する画面設定にチェック
(5) 画面設定を適用するユーザーにチェック
(6) 「共有iPadの画面設定確認」ボタンをクリック

2.png

 

(7) 適用する画面設定の内容、ユーザーを確認して「実行」ボタンをクリック

3.png

 

(8) 設定の適用が完了しました

4.png

 

 

2. 端末側の動作について

共有iPadの画面設定をユーザーに適用しても、即時に端末に反映されるわけではありません。
反映されるのは、そのユーザーが次にログインしたときとなります。

(1) 左側のキャプチャはまだ画面設定が反映されていない状態です
(2) 画面設定を反映させる場合は、右側のキャプチャのように、一度ログアウトします

1-1.png

 

(3) 画面設定を適用したユーザーでログインします
(4) ログインすると、適用前の配置で表示されますが、しばらくすると右側のキャプチャのように、
適用した画面設定の配置が反映されます

1-2.png

 

【補足事項】 画面設定適用時の仕様について

ユーザーが共有iPadにログインすると、MobiConnectにログインした情報が送信されます。
その情報をMobiConnectのサーバーで受け取ると、画面設定の適用要求が自動で登録され、ステータスが成功になると、
端末に反映されます。

そのため、適用された画面設定が反映されるのは、ユーザーが次にログインしたタイミングとなります。

 

 

3. 適用中の画面設定を変更する

ユーザーに適用されている画面設定の内容を変更したい場合は、変更後の画面設定を新規に作成し、
適用する必要があります。

適用されている画面設定が変更されている場合に限り、ユーザーが共有iPadにログインすると、
画面設定の適用要求が自動で登録されます。

そのため、適用中の設定の内容を編集しただけでは、次回ログイン時に反映されません。

 

 

ご不明な点や、スタートアップガイドについてご不明な箇所がございましたら、
MobiConnectカスタマーサポートまでご連絡ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk