MobiConnectのご利用にあたって開放が必要なネットワーク設定について

最終更新日:2017/05/31

 

【MobiConnectのご利用にあたって開放が必要なネットワーク設定について】

MobiConnectをファイアーウォールなどの制限されたネットワークに接続してご利用いただく場合は、下記の通りポートの開放と設定が必要となります。


 

【iOS端末】

通信元のアプリ/サービス 宛先IPアドレス 宛先URL *1 宛先Port
Safari

*.mobi-connect.net
*.service-sync.com

443

APNs

17.0.0.0/8 *3
aia.entrust.net

5223 *2
80

MobiConnect ー 

*.mobi-connect.net
*.service-sync.com

443
CSR ー 

http://ocsp.godaddy.com/
http://crl.godaddy.com/

80

*1 MobiConnectサーバーのIPアドレスは変更される場合があります。
 また、機能拡張等でURLも変更される場合がありますので、通信先はドメイン名により指定いただきますようお願いいたします。
 IPアドレスを指定する場合は、こちらをご参照ください。

*2 Apple MDMは APNsを利用するため、TCP5223を開く必要があります。
 TCP5223が利用できない場合、TCP443を利用します(Wi-Fi限定)

*3 17.0.0.0/8 アドレスブロック全体で上記のポートにアクセスできるように許可してください。

Apple社APNsへの接続についての詳細は、下記リンク先を参照してください。
https://support.apple.com/ja-jp/HT203609 (リンク先はApple社のページです)

※なお、iOS端末をProxyサーバ経由にてご利用いただく場合は、担当営業またはサポート窓口までご相談ください。

 

 

 

【Windows端末】

宛先URL
(ワイルドカード指定含む)
宛先URL詳細 宛先Port
*.service-sync.com https://gw.service-sync.com 443
*.mobi-connect.net https://e.mobi-connect.net
https://c.mobi-connect.net
https://generic.mobi-connect.net
https://epps.mobi-connect.net
https://enterpriseenrollment.mobi-connect.net (※ Open MDMのみ)
443
http://ocsp.godaddy.com/ http://ocsp.godaddy.com/ 80
*.wns.windows.com
(※ Open MDMのみ)
*4 443
*.notify.live.net
(※ Open MDMのみ)
*4 443

*4 Open MDMにて開放が必要な2つのURLは、Microsoft社より指定されているURLとなり、前方の一部が変更される可能性があります。
 そのため、部分一致またはワイルドカードにて指定いただく必要があります。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk