7/12 【i-FILTERオプション】iOS向けアプリアップデートリリースのお知らせ

お客様各位

いつもお世話になっております。
MobiConnectサポート窓口です。

i-FITLERブラウザーオプションをご利用中のお客様に、iOS端末向けアプリの
アップデートリリースを実施いたしましたので、下記の通りご案内いたします。

■アップデート実施日■
2017年7月12日(水)
■最新バージョン■
4.80R07
■アップデートのご利用について■
端末側App Storeにて最新版へアップデートしてご利用ください。 *1
*1 mobiAppsを使用して配信、インストールされている場合は、再配信していただくことで、最新版へアップデートされます。
■リリース内容の詳細■
・URLバーを選択したとき、URL全選択状態になるよう修正しました。
・PDFを印刷するときに再通信せずに印刷できるよう修正しました。
・UTF-16のマルチバイト文字をエンコードした状態でクエリに付加すると過剰に
 エンコードされてしまう不具合を修正しました。
・window.resizeTo()に対応しました。
・レスポンスヘッダーにContent-Dispositionが存在する画像ファイルをメインドキュメントとして開いたとき、
 画像のロングタップメニューが表示されない不具合を修正しました。
・ヘッダーコントローラーがメインリクエスト以外に適用されない不具合を修正しました。
・ブロック・警告・パスワード画面表示時、アクセスログのレスポンスコードに503を
  記録するよう修正しました。
・ブロック時、警告・パスワードのブロック解除時に出力されるログのUser-Agentに
 ヘッダーコントローラーが適用されるように修正しました。
・window.open()で新しく開いたウィンドウのformに対してsubmit()を実行した時、
 window.open()を実行したウィンドウでsubmit()の実行結果を読み込んでしまう不具合を修正しました。
・Googleニュース一覧から個別のニュースを開いた後に再度Googleニュース一覧画面を表示すると
 ページスクロールできなくなる不具合を修正しました。
・window.open()したウィンドウのlocation.hrefへURLを代入することでページ遷移するように対応しました。
・動的に生成したFormのサブミットで相対URLが指定されているとリクエストに
 失敗する不具合を修正しました。
・ブロック対象リストでYoutubeをブロックした場合にアクセスログへ出力される
 フィルター理由番号とURLカテゴリIDカラムを正しい情報に修正しました。
・インターネットタイマーでブロックされた時、アクセスログのフィルターアクション欄に
 passwordと出力してしまう不具合を修正しました。
・端末IDをクリップボードへコピーする機能を追加しました。
・端末名をアプリ内で設定する機能をできるようにしました。
・「フルスクリーン」「エンコード」メニューの表示/非表示を管理者が設定できる機能を追加しました。
・暗号化したアクティベーションURLへ対応しました。
・Content-Dispositionに複数回filenameが付与されているとき、アプリ連携が動作しない不具合を修正しました。
・upgrade-insecure-requestsによるHTTP->HTTPS切替の時、ブロック画面が表示できない不具合を
 修正しました。
・Office 365でメールを開いた時、通信中インジケーターが消えない不具合を修正しました。
・認証リクエストがメインスレッドで入ってきた際にタイムアウトする不具合を修正しました。
・タブを17枚以上開くことができるようになりました。
・画像付きリンクをロングタップした時、リンクのメニューと画像のメニューを両方表示するようにしました。
・テキストボックスにフォーカスがあたった状態で縦から横に回転すると画面の右側に
 帯が出来る不具合を修正しました。
・Webサイト側の動作でタブを閉じる処理が正常に動作しない不具合を修正しました。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk