iOS端末に対してシステムアップデートを実行する

最終更新日:2018/6/25

 

【iOS端末に対してシステムアップデートを実行する】

 

iOS端末に対し、端末OSのソフトウェアバーションをアップデートすることが可能です。

本項目では、iOS端末への"システムアップデート"機能を実行する手順について説明します。

① 更新状況の取得を実行する

② 更新のダウンロードを実行する

③ 更新のダウンロードが”完了”になっていることを確認する

④ 更新のインストールを実行する

 

【注意事項】システムアップデートを実行する条件

システムアップデート機能をご利用いただくにあたり、下記の条件を満たしている必要があります

・iOS10.3以降の監視対象に設定している
 iOS10.3未満の端末に本機能を実行した場合、端末本体を再起動するまでMDMのジョブが実行できない状態になるなどの事象が発生する場合があります

・Wi-Fiネットワークに接続している
 iOSのソフトウェアアップデートを実行する場合、iOSの仕様上、端末がWi-Fiネットワークに接続している必要があります。そのため、iOSのソフトウェアアップデートを実行する”システムアップデート機能”をご利用いただく際も、Wi-Fiネットワークへの接続が必要です

・本体のバッテリーが十分に充電されている
 iOSのソフトウェアアップデートでは、長時間の時間を用するため端末のバッテーリーを消耗します。そのため、”システムアップデート機能”をご利用いただく際は、十分な充電を実施のうえ、機能をご利用ください

 

 

 

①更新状況を取得する

以下の手順にて、端末から端末にインストールされているOSの更新情報を取得します。

  1. (1)「端末制御メニュー」>「システムアップデート」を選択します
  2. (2) ユーザー情報を取得したい端末が登録されているグループを選択します
      ※個別で選択した場合、複数選択可
  3. (3) ユーザー情報を取得したい端末を個別に選択するか、グループ一括にするか選択します
  4. (4) 実行内容の選択で「更新状況の取得」を選択します
  5. (5)「確認」ボタンをクリックします

    1.SystemUpdate1.png 

    (1)
    (2)
    (3)
    (4)
    (5)
  6. (6) 実行確認画面が表示されますので、「実行」ボタンをクリックします

     1.SystemUpdate2.png

    (6)
  7. (7) 画面右上に実行メッセージが表示されます

    1.SystemUpdate3.png

     

  8. (8) ジョブ管理画面に "システム更新状況の取得"というジョブが表示されます
     ステータスが"成功"になると、情報の取得が完了です

    1.SystemUpdate4.png

    (8)

     

  9. 【補足事項】適用時のエラーについて

    共有iPadに対して更新状況の取得を実行した際に「”Get","2980","500", "" . ErrorChain=ErrorCode[0]=12077,
    USEnglishDescription[0]=iOS updates are not permitted while a user is logged in.」と表示される場合は、 下記の原因が考えられます。

    • 共有iPadにて、アカウントへのログイン中に、更新状況の取得を実行した場合、
      エラーが表示されジョブを完了することができません。そのため、ログアウトした状態で実行してください。

     

    【補足事項】「更新状況」に表示される項目より、管理者が確認できる更新状況の詳細について

    端末に対して”更新状況の取得”を実行すると、システムアップデート画面の端末の一覧の「更新状況」に、実行した処理の実行状況が表示されます。各表示の内容については下記をご参照ください。

    • 更新のダウンロード前:ダウンロード要求を実行前の状態
    • 更新のダウンロード中:ダウンロード要求を実行し、端末で更新ファイルのダウンロード中の状態
    • 更新のダウンロード完了:ダウンロードが完了し、インストール実行前の状態
    • インストール中:更新ファイルのインストール中の状態
    • 更新なし:更新完了/実行できる更新がない状態
    • 未実行または未対応デバイス:更新のダウンロードを実行していない、または未対応の端末の状態

 

 

 

② 更新のダウンロードを実行する

端末に対し、OSアップデートファイルのダウンロードを要求することができます。

更新のダウンロード要求を行うと、端末が更新ファイルをダウンロードし、インストール可能な状態になります。

  1. (1)「端末制御メニュー」>「システムアップデート」を選択します
  2. (2) 更新のダウンロードを実行端末が登録されているグループを選択します
  3. (3) 更新のダウンロードを実行したい端末を個別に選択するか、グループ一括にするか選択します
      ※個別で選択した場合、複数選択可
  4. (4) 実行内容の選択で「更新のダウンロード」を選択します
  5. (5) ダウンロードするOSのバージョンを指定する場合はバージョンを入力します
  6. (6)「確認」をクリックします

    2.SystemUpdate1.png

    (1)
    (2)
    (3)
    (4)
    (5)
    (6)

     

  7. (7) 実行確認画面が表示されますので、「実行」ボタンをクリックします

    2.SystemUpdate2.png

    (7)

     

  8. (8) 画面右上に実行メッセージが表示されます

    2.SystemUpdate3.png 

     

  9. (9) ジョブ管理画面に "システム更新状況の取得"というジョブが表示されます
     ステータスが"成功"になると、更新のダウンロードが完了です

    2.SystemUpdate4.png

    (9)

     

  10. 【補足事項】更新のインストールについて

    インストール可能な状態になると、端末にOSのインストールを促すポップアップが表示されることがあります。
    画面ロックパスワードを設定している端末では、インストールを実行するタイミングを選択することができます。画面ロックパスワードが設定されていない端末では、iOSの仕様により自動的にインストール処理が開始されます。

 

 

 

③更新のダウンロードが”完了”になっていることを確認する

更新のダウンロードが完了しているか、再度「更新状況の取得」を実行して確認します。

  1. (1) の手順で更新状況を再度取得します
  2. (2) 更新状況の取得が成功したら、システムアップデート画面にて「更新状況」を確認します
  3. (3)「更新状況」が "更新のダウンロード完了" となっていることを確認します

 

 

 

④ 更新のインストールを実行する

更新のダウンロードが完了した端末に、遠隔で最新OSのインストールを実行することができます。

  1. (1)「端末制御メニュー」>「システムアップデート」を選択します
  2. (2) 更新のインストールを実行したい端末が登録されているグループを選択します
  3. (3) 更新のインストールを実行したい端末が登録されているグループを選択します
  4. (4) 更新のインストールを実行したい端末を個別に選択するか、グループ一括にするか選択します
      ※個別で選択した場合、複数選択可
  5. (5) 実行内容の選択で「更新のインストール」を選択します
  6. (6) インストールするOSのバージョンを指定する場合はバージョンを入力します

    3.SystemUpdate1.png

    (1)
    (2)
    (3)
    (4)
    (5)
    (6)

     

  7. (7) 実行確認画面が表示されますので、「実行」ボタンをクリックします

    3.SystemUpdate2.png

    (7)

     

  8. (8) 画面右上に実行メッセージが表示されます

    3.SystemUpdate3.png

     

  9. (9) ジョブ管理画面に "システム更新のインストール"というジョブが表示されます
     ステータスが"成功"になると、更新のインストールが完了です

     3.SystemUpdate4.png

    (9)

     

  10. (10)端末側のOSが最新版にアップデートされていることを確認してください 

 

 

ご不明な点や、スタートアップガイドについてご不明な箇所がございましたら、
MobiConnectカスタマーサポートまでご連絡ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk