【iOS端末】 各種遠隔設定の手順について

最終更新日:2018/2/14

 

【各種遠隔設定】

 

本項では、iOS端末に、各種遠隔設定を適用する手順について説明します。
各種遠隔設定の各項目の詳細については、管理画面ヘルプよりマニュアルをダウンロードしてご確認ください。

STEP①:【各種設定を作成する】

STEP②:【遠隔設定フィーチャーセットを作成する】

STEP③:【遠隔設定フィーチャーセットを端末へ適用する】

 

【作業の流れ】 

–³‘è.png

 

iOS端末では、各種設定を個別に作成し、遠隔設定フィーチャーセットにまとめます。

作成した遠隔設定フィーチャーセットは、構成プロファイルとして端末へインストールすることで、
遠隔設定を端末に反映することが可能です。

iOS端末にて対応している遠隔設定は、下記項目となります。

・ローカルセキュリティーポリシー設定
・デバイス利用制限設定
・WLAN設定
・メール設定
・VPN設定
・Exchange ActiveSync設定
・ブックマーク設定
・グローバルHTTPプロキシ (監視対象デバイスのみ)
・Webコンテンツフィルタ (監視対象デバイスのみ)

 

STEP①:【各種設定を作成する】

対象のiOS端末へ、適用したい「端末の利用制限」「端末の利用ポリシー」などを作成します。

ここでは、ローカルセキュリティーポリシーを例に遠隔設定を作成します。
その他の項目についても、作成手順は同様です。

  

【ローカルセキュリティーポリシー設定データリストの画面説明】

管理画面へログイン後、「設定管理メニュー」>「フィーチャーセット作成」より、「ローカルセキュリティーポリシー設定」を選択し、「フィーチャーセット作成画面 」へ遷移します。

 

① 新規に、ローカルセキュリティーポリシー設定を作成します

② 以前に作成した、ローカルセキュリティーポリシー設定のデータ名を表します

③ 該当の設定を作成したグループを表します

④ 該当の設定内容の最終更新日時を表示しています

⑤ ローカルセキュリティーポリシー設定データリストの表示件数を変更できます

__________2018-02-14_14.58.26.png

【設定データの新規作成】

新規に設定を作成する場合、「遠隔設定メニュー」>「フィーチャーセット作成」を選択し、
フィーチャーセットを作成したいグループを選択した後、プルダウンより”ローカルセキュリティポリシー設定”を選択します。
※デフォルトでフィーチャーセットが選択されます

その後「新規登録」を押下し「フィーチャーセット作成」画面にて作成を行います。

 

① 「設定データ名」(全角半角30 文字以内)を入力します。 

② 設定内容を入力し、編集を行います。

③ 画面最下段の「登録」を押下し、

     入力した設定データが「ローカルセキュリティーポリシー設定」の「設定データ」に追加されます。

 

__________2018-02-14_15.01.05.png

 

 

STEP②:【遠隔設定フィーチャーセットを作成する】

【遠隔設定フィーチャーセットを作成する】

STEP①で作成した、各種設定データを遠隔設定フィーチャーセットとしてまとめ、構成プロファイルを作成します。

本項目では、遠隔設定フィーチャーセットの作成方法について、説明します。

 

__________2018-02-14_15.02.57.png

 

【遠隔設定フィーチャーセットデータリストの画面説明】

管理画面へログイン後、「遠隔設定メニュー」にて、プルダウンより”遠隔設定フィーチャーセット”を選択し、
「フィーチャーセット作成」画面へ遷移します。

① 新規に、遠隔設定フィーチャーセットを作成します

② 以前に作成した、遠隔設定フィーチャーセットのデータ名が表示されます

③ 該当の設定を作成したグループを表します

④ 該当の設定内容の最終更新日時が表示されます

⑤ 遠隔設定フィーチャーセットデータリストの表示件数を変更できます

 

__________2018-02-14_15.04.58.png

 

【設定データの新規作成】

新規に設定を作成する場合、「遠隔設定メニュー」>「フィーチャーセット作成」を選択し、
フィーチャーセットを作成したいグループを選択した後、プルダウンより”遠隔設定フィーチャーセット”を選択します。
※デフォルトでフィーチャーセットが選択されます

その後「新規登録」を押下し「フィーチャーセットデータ登録」画面にて作成を行います。

 

① 「設定データ名」(全角半角30 文字以内)を入力します。 

② STEP①で作成した設定内容を選択します。 

③ 画面最下段の「登録」を押下すると、入力した設定データが「遠隔設定フィーチャーセット」の「設定データ」に追加されます。

 

__________2018-02-14_15.08.18.png

 

STEP③:遠隔設定フィーチャーセットを端末へ適用する

 

【遠隔設定フィーチャーセットを端末へ適用する】

STEP②で作成したフィーチャーセットを特定の端末へ適用します。

本項目では、フィーチャーセットの適用方法について説明します。

 

__________2018-02-14_15.10.21.png

  

 【管理要求の登録手順】

管理画面へログイン後、「遠隔設定メニュー」>「フィーチャーセット適用」を選択し、「フィーチャーセット適用」画面へ遷移します。

① 「端末一覧」項目より、設定を適用する端末のチェックボックスをONにします。

② 「設定データ」項目から表示された設定データより、適用するフィーチャーセットを選択します。

③ タップ方式、サイレント方式を選択します。

④ 即時実行ではなく、実行日時を予約する場合は入力します。

⑤ 「遠隔設定フィーチャーセット要求確認」を押下します

⑥ 遷移した画面で、設定内容を確認し、「実行」を押下します。

 設定内容が異なる場合、ブラウザの機能にて、「戻る」を押下してください。

 

__________2018-02-14_15.12.29.png

  

【端末側でのプロファイルインストール手順】

遠隔設定フィーチャーセットを端末に適用するため、プロファイルのインストールを行います。
(なお、本手順は”タップ方式”で実行した場合となります。”サイレント方式”を選択した場合は本手順なしで設定されます。)

 

① PUSH通知、またはクライアントアプリをタップします

 

__________2018-02-14_15.15.01.png

 

② 画面に従い、プロファイルをインストールします

 

__________2018-02-14_15.17.51.png

__________2018-02-14_15.19.59.png

 

【注意事項】

  ・プロファイルのインストールをキャンセルした場合
 フィーチャーセットは適用されていません。再度、フィーチャーセットを送信する必要があります。
 端末利用者様は、企業管理者様へご連絡ください。

 

 

【結果確認】

管理要求履歴の確認を行います。

① 管理画面>ジョブ管理項目を押下します

② 遠隔フィーチャーセット適用の管理要求が「成功」となっていることを確認します

 

__________2018-02-14_15.22.24.png

 

【注意事項】

  プロファイルを端末へダウンロードが成功した時点でステータスが「成功」となるため、
  端末側でプロファイルのインストールを拒否した場合も「成功」と表示されます。 


 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk