Apple School Managerの設定方法〜教師端末編〜

最終更新日:2017/03/05

 

【Apple School Managerの設定方法〜教師用端末編〜】

Apple School Manager(以下、ASM)の管理コンソール上で作成したユーザーおよびクラスの情報を、MobiConnectに登録されたデバイスと紐付け、ASMにて管理することが可能となります。
また、教師端末として設定された端末に、クラスルームアプリをインストールすることで、生徒端末を管理することが可能となります。

本ページでは、教師用の端末を設定する際の手順を説明します。

 


 

【手順】

教師用端末として使用する場合、端末がiOS9.3以降である必要があります。
また、適用する制限や設定などにより、監視対象に設定する必要がありますが、必須ではありません。

① 端末をMobiConnectに登録する

② クラス情報を取得する

③ 端末に教育設定を割り当てる

 

 

① 端末をMobiConnectに登録する

教師用として使用する端末を、MobiConnectに登録します。

登録方法は、それぞれ下記を参照してください。

 

 

② クラス情報を取得する

MobiConnectの管理画面にて、ASMの管理コンソールにて設定済みのクラス情報を取得します。
取得を実行するまで、最新のクラスおよびユーザーの情報は反映されません。

(1) MobiConnectの管理画面にて「Apple School Manager」>「クラス管理」を選択
(2) 「DEPトークン」のプルダウンより該当のDEPトークンを選択
(3) 「最新のクラス情報を取得」をクリック

31.png

  

 

③ 端末に教育設定を割り当てる

MobiConnectの管理画面に登録された端末に対し、教育設定を割り当てます。

(1) MobiConnectの管理画面にて「Apple School Manager」>「教育設定」を選択
(2) 該当端末が登録されているグループを選択
(3) 「DEPトークン」のプルダウンより該当のDEPトークンを選択
(4) プルダウンより「教師設定」を選択
(5) 該当端末の"割当ユーザー"のプルダウンより担当の教師を選択
(6) 教育設定を割り当てる端末にチェック
    ※(5)にて割当ユーザーを選択するまで、端末をチェックすることができません
(7) 「設定要求確認」ボタンをクリック

※担当の教師は、ASMの管理コンソールにて作成された、教師ユーザーです。

41.png

  

(8) 要求の登録確認画面にて「実行」ボタンをクリック

42.png

  

(9) 教育構成プロファイルインストール要求が登録されました

43.png

  

(10) 「ジョブ管理」に登録された「教育構成プロファイルインストール」要求のステータスが"成功"になると、端末側に反映完了です。

44.png

  

 

ご不明な点や、スタートアップガイドについてご不明な箇所がございましたら、
MobiConnectカスタマーサポートまでご連絡ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk