Apple School Managerの設定方法〜1to1編〜

最終更新日:2017/03/05

 

【Apple School Managerの設定方法〜1to1編〜】

Apple School Manager(以下、ASM)の管理コンソール上で作成したユーザーおよびクラスの情報を、MobiConnectに登録されたデバイスと紐付け、クラスルームアプリを利用することが可能となります。

また、教師端末にインストールされたクラスルームアプリを使用して、端末を管理することが可能となります。

本ページでは、生徒1人に対して、1台の端末を使用する際の設定手順を説明します。

 


 

【手順】

※カッコ内は操作する画面です。

① ユーザー、クラスを作成する(ASM管理コンソール)

② 端末本体のセットアップ

③ クラス情報を取得する(MobiConnect)

④ ユーザーを割り当てる(MobiConnect)

 

 

① ユーザー、クラスを作成する(ASM管理コンソール)

ASM管理コンソールにて、ユーザー(先生、生徒など)、およびクラスを作成します。
また、作成したクラスに生徒を追加し、クラス編成を編集します。

ASM管理コンソール上の操作方法につきましては、それぞれASMのヘルプを参照してください。

 

【補足事項】 IDの重複について
各ユーザー、または各クラスを作成する際に、重複したIDを指定した場合、MobiConnectにてクラス情報の取得時に、正しく読み込むことができません。
そのため、必ず個々の異なるIDを指定してください。

 

 

② 端末本体のセットアップ

生徒1人に対して専用の1台を配布する、1to1にてご利用いただく場合は、下記のいずれかの方法にて監視対象に設定されている必要があります。

それぞれのリンク先の手順を参照し、セットアップとMobiConnectへの端末登録を実施します。

  

 

③ クラス情報を取得する(MobiConnect)

手順①にて作成した、ASMの管理コンソールに設定済みのクラス情報を、MobiConnectにて取得します。
取得を実行するまで、最新のクラスおよび生徒の情報は反映されません。

(1) MobiConnectの管理画面にて「Apple School Manager」>「クラス管理」を選択
(2) 「DEPトークン」のプルダウンより該当のDEPトークンを選択
(3) 「最新のクラス情報を取得」をクリック

31.png

  

 

④ ユーザーを割り当てる(MobiConnect)

MobiConnectの管理画面に登録された端末に対し、教育設定を割り当てます。

(1) MobiConnectの管理画面にて「Apple School Manager」>「教育設定」を選択
(2) 該当端末が登録されているグループを選択
(3) 「DEPトークン」のプルダウンより該当のDEPトークンを選択
(4) プルダウンより「生徒設定」を選択
(5) 該当端末の"割当ユーザー"のプルダウンより生徒名を選択
(6) 教育設定を割り当てる端末にチェック
    ※(5)にて割当ユーザーを選択するまで、端末をチェックすることができません
(7) 「設定要求確認」ボタンをクリック

41.png

  

(8) 要求の登録確認画面にて「実行」ボタンをクリック

42.png

  

(9) 教育構成プロファイルインストール要求が登録されました

43.png

  

(10) 「ジョブ管理」に登録された「教育構成プロファイルインストール」要求のステータスが"成功"になると、端末側に反映完了です。

44.png

  

 

ご不明な点や、スタートアップガイドについてご不明な箇所がございましたら、
MobiConnectカスタマーサポートまでご連絡ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk