mobiAppsにてアプリの自動配信を設定する方法

最終更新日:2016/09/01

 

【アプリの自動配信を設定する方法】

mobiAppsオプションをご利用中のお客様では、下記の通り設定を組み合わせて使用することで、
App Store、VPP、In-houseアプリの自動配信をご利用いただけます。

遠隔監視ポリシーの必須リストを使用し、指定したアプリが端末にインストールされていないことを検知し、
自動的にアプリが配信される設定方法となります。

それぞれの操作方法は、iOS端末向けマニュアル、mobiAppsマニュアルを参照してください。

①"必須リスト"を含む遠隔監視ポリシーを作成

②mobiAppsのアプリ管理にて自動配信するアプリを登録する

③グループ設定にてアプリの自動配信設定、監視ポリシーを設定する

④すでに登録されている端末に対して、①で作成したポリシーを適用する

※ VPPアプリを自動配信する場合は、全ての設定が適用される前に、VPPライセンスの割り当てが完了している必要があります。


 

【①"必須リスト"を含む遠隔監視ポリシーを作成】

アプリインストール状態の監視にて、"必須リスト"を含む遠隔監視ポリシーを作成します。

必須リストでは、リストを直接記載する方法と、アプリリストを選択する方法、2つの方法がありますが、

遠隔監視ポリシーは、各グループごとに作成する必要があり、必須アプリの追加や削除があった場合などの
利便性を考慮し、アプリリストを使用することをおすすめします。

iOS端末向けマニュアル参照箇所
212ページ「10.1.1.遠隔監視ポリシーを作成する」
220ページ「10.2.2.アプリインストール状態の監視」
mobiAppsマニュアル参照箇所
115ページ〜「11.アプリリスト管理」

※ VPPアプリを自動配信する場合は、App Storeアプリとしてアプリリストに追加してください。

 

 

 

 

【②mobiAppsのアプリ管理にて自動配信するアプリを登録する】

mobiAppsの「アプリ管理」にて、自動配信したいアプリを登録します。
自動配信の設定を適用した際に、アプリ管理に該当アプリが登録されていない場合は、配信することができません。

mobiAppsマニュアル参照箇所
17ページ〜「2.1.App Storeアプリを登録する」
63ページ〜「3.8.VPPアプリを登録する」
70ページ〜「4.1.In-houseアプリを登録する」

 

 

 

【③グループ設定にてアプリの自動配信設定、監視ポリシーを設定する】

端末および遠隔監視ポリシーが登録されているグループのグループ設定にて、アプリの自動配信設定を有効にします。

アプリの自動配信設定を有効にする際には、"自動適用される監視ポリシー"にて、
必須アプリが含まれているポリシーを選択する必要があります。

iOS端末向けマニュアル参照箇所
39ページ〜「2.3. グループの編集」
41ページ〜「2.4.2. グループに適用する監視ポリシー」
43ページ〜「2.4.5. アプリケーションの自動配信設定」

なお、本項目が設定されているグループに端末がHybrid MDMとして登録されると、監視ポリシーが自動で適用され、
インストールされていない必須アプリを差分として検知すると、そのアプリが自動的に配信されます。

 

 

 

【④すでに登録されている端末に対して、①で作成したポリシーを適用する】

③にてグループに遠隔監視ポリシーを設定しても、端末に反映されるまでの時間は最大で3時間となります。
そのため、すぐに自動配信を実行したい場合は、すでに登録されている端末に対し、必須リストを含む遠隔監視ポリシーを
適用する必要があります。

iOS端末向けマニュアル参照箇所
227ページ〜「10.3.1.監視ポリシーを適⽤する」

 

 

 

ご不明な点や、リファレンスガイドについてご不明な点がございましたら、
MobiConnectカスタマーサポートまでご連絡ください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk