iOSクライアントアプリバージョン別リリース機能一覧

この一覧表は、クライアントアプリの各バージョンがリリースされた際に
追加された機能や内容をご確認いただけます。

リリース日は、App Storeでのリリース日となります。

 

リリース日 クライアントアプリ
バージョン
対応機能
2015/4/1 20.0
  • iOS8の仕様変更に伴う、ワークフローメニューからIn-houseアプリを配信した際の
    クライアントアプリ側における画面遷移の動作を改善しました。
  • 下記機能のバックグラウンド取得の仕様を一部変更しました。
    • 位置情報取得のバックグラウンド取得機能
    • 位置情報の監視機能
    • 端末基本情報取得のバックグラウンド取得機能
    • Jailbreak検知バックグラウンド取得機能
2014/1/7 15.0 下記機能のバックグラウンド取得が可能となりました。
  • 位置情報取得のバックグラウンド取得機能
  • 位置情報の監視機能
  • 端末基本情報取得のバックグラウンド取得機能
  • Jailbreak検知バックグラウンド取得機能
2013/12/11 14.1 下記機能のバックグラウンド取得が不可となりました。
  • 位置情報取得のバックグラウンド取得機能
  • 位置情報の監視機能
  • 端末基本情報取得のバックグラウンド取得機能
  • Jailbreak検知バックグラウンド取得機能
2013/7/31 14.0
  • 不具合修正
2013/4/30 13.0
  • iPhone5の画面サイズに対応しました。
  • 位置情報取得、端末基本情報取得が、バックグラウンドで取得できるようになりました。
  • iOS7に対応しました。(以降iOS8もサポート)
2013/1/7 9.0
  • 同報通知機能を追加しました。
  • Jalebreak検知機能が追加されました。
2012/3/30 2.7
  • Hybrid MDMに対応しました。
  • Inhouseアプリの配信に対応しました。
2012/2/17 2.6
  • 位置情報取得に対応しました。
  • 端末基本情報取得に対応しました。
2011/10/26 2.3
  • iOS5をサポート(以降iOS6もサポート)
  • 端末登録時に所有者名を入力し、登録可能になりました。
2011/9/8 2.2.1
  • SSL通信をサポート

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk