iOS8へのアップデート手順について(iOS6-有効端末用)

※本内容は、2014年9月18日時点の情報となります。
現在リリースされているクライアントアプリの最新バージョンは、15.0となります。
iOS8アップデート時の動作につきましては、14.0と同様となりますので、最新バージョンをご利用ください。

※iOS7からiOS8へアップデートする場合、本手順は不要となります※

 

 

iOS8アップデート手順(有効端末用)

 

下記に記載している表は、

ご利用されているiOS端末(iOS5.X,iOS6.X)を、iOS8へアップデートする際に必要となる手順について、

また、本手順のご確認前にiOS8へアップデートを行い、異常が発生した際の回復手順を表しております。

 

表の該当する手順をご参照の上、MobiConnect14.0または、iOS8のアップデート、または、回復手順を実行されてください。 

 

なお、ご不明な点がございましたら、弊社サポートまでお問い合わせをお願いいたします。

____.png 

手順①

iOS5.X,iOS6.Xの端末で、MobiConnect14.0より古いバージョンをご利用になっている場合、

下記の手順で、アップデート準備を行い、iOS8へアップデートすることができます。

1.App Storeより最新のMobiConnect14.0へアップデートを行う

2.MobiConnect14.0クライアントアプリケーションをタップする(手順②を参照)

 

手順②

iOS5.X,iOS6.Xの端末で、MobiConnect14.0をご利用になっている場合、
下記の手順で、アップデート準備を行い、iOS8へアップデートすることができます。
1.MobiConnectクライアントアプリケーションをタップする
2.通信中の画面が表示され、「更新はありません」の画面へ遷移することを確認する
※この手順が完了している場合、
  2013年9月30日サーバーリリースより、管理画面の端末情報CSV出力機能に追加させていただきました、
  「全端末iOS7対応状況のCSV出力ボタン」「iOS7対応状況のCSV出力ボタン」によって取得された、
  CSVファイル内の項目「iOSアップデート可」にて、「true」が表示され、iOS8へアップデート可能な端末を確認できます。 

_X_V____________.png

 

手順③ 

MobiConnect14.0へアップデートを行わずiOS8へアップデートした場合、

または、iOS8へのアップデート前にMobiConnect14.0へアップデートを行ったが、

MobiConnectクライアントアプリケーションをタップ(手順②の1.2の実施を)しなかった場合、【管理状態の回復手順】をご覧ください。

また、この場合のMobiConnectの状態については、以下にご説明します。

 

・【MobiConnectで操作できる機能】

Apple MDM,IVI MDMで使用できる機能について以下にご説明します。

Hybrid MDMにおいては、Apple MDM,IVI MDMの両方をご覧ください。

 

[Apple MDM]

リモートワイプ、端末基本情報取得、アプリケーション一覧取得等すべて使用することができます。

 

[IVI MDM]

管理要求の機能が使用できません。管理要求は管理画面から実行する事はできます。

PUSH通知は端末上表示されますが、タップしても実行されません(端末登録の画面が表示されます)。

 

・【管理状態の回復手順】

 下記手順を行うことで、全ての機能を正常に回復することができます。
 ※ただし、IVI MDMのみをご利用されている端末の端末番号は、従来のMACアドレスではなく、IDFVという別のIDで登録されます。
   IDFVは端末側から確認することができず、管理画面との整合を図ることが難しくなります。
   この場合、端末登録を行われる際の所有者名にて、端末利用者様のお名前など、
   任意の値を入力していただくことで、管理画面の端末一覧「所有者名」の表示にて、端末の整合をとることが可能です。
   詳しくはサポート窓口へお問い合わせください。

    【作業準備】管理画面の[端末制御メニュー]>[管理要求管理]にて、  該当端末に対する管理要求をキャンセルします。

①.管理画面から該当端末を削除する

(1)管理画面より[企業管理メニュー]>[端末管理]>該当端末のチェックボックスをONする
(2)画面下段の「インアクティベーション」タブを選択する
(3)「端末制限を解除する」チェックボックスをOFFにし、インアクティベーションを実行する
(4)管理画面より[企業管理メニュー]>[端末管理]>該当端末の端末状態が
  「無効」となっていることを確認し、チェックボックスをONにする
(5)画面下部より、「端末一括削除」ボタンを押下する
(6)表示されるポップアップの「OK」ボタンを押下する
(7)[企業管理メニュー]>[端末管理]にて、該当端末が削除されていることを確認する

②.App Storeより最新のMobiConnect14.0へアップデートを行う  (※既にMobiConnect14.0へアップデートされている場合、不要)

③.該当のiOS端末側から再度端末登録を行う

 

手順④

問題なくご利用いただけます。

ただし、MobiConnectクライアントアプリケーションをタップ(手順②の1.2の実施)前にiOS8へアップデートした場合、手順③を行う必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk