APNs証明書の更新手順

【APNs証明書の更新手順について】

iOS端末をHybrid MDM、Apple MDMにてご利用いただくにあたって取得していただいた、
APNs証明書の有効期限は、取得から1年間となります。

有効期限が切れた場合、Hybrid MDM登録や登録済みの端末への要求を実行することが
できなくなりますので、期限が切れる前に更新していただく必要があります。

更新用に取得していただいた証明書ファイルは、ご連絡を差し上げたメールへ添付してご返信していただき、
設定が完了するまで、更新は完了しておりませんので、ご注意ください。

 

①ご用意いただくもの

②APNs証明書の更新手順

③発行済みの証明書が複数ある場合...

 

【①ご用意いただくもの】

  1. PCにてApple Push Certificates Portalにアクセスするブラウザ
    (対応ブラウザ:Safari、Google Chrome、Firefox)
    ※Internet Explorerは使用できません
  2. APNs取得時に使用したApple ID
  3. サービス事務局またはサポート窓口から送付された証明書要求ファイル(テキスト形式のファイル)

注意事項

  • APNs証明書の更新時には、取得された際に使用したApple IDが必要です。
    異なるApple IDを使用して、APNs証明書を更新することはできません。
  • 取得された際に使用したApple IDを失念されてしまった場合は、異なるApple IDを使用して取得した
    証明書にて上書き更新をすることができます。
    ただし、端末側にてApple MDMプロファイルの削除、および再インストールが必要となりますので、
    ご注意ください。

 

【②APNs証明書の更新手順】

 1) PCのブラウザで、Apple Push Certificates Portalへアクセスする。
  URL:https://identity.apple.com/pushcert/

 2) Apple IDにてサインインする。

apns1.png

 

 3) 使用中の証明書にて「Renew」ボタンをクリックする
  ※複数の証明書が表示され、使用中の証明書が不明の場合はこちらを参照してください。

apns6.png

 

 4) 「ファイルを選択」ボタンより、サービス事務局またはサポート窓口より送付されたテキストファイルを選択

 5) 「Upload」ボタンをクリック

apns7.png

 

 6) 「Download」ボタンをクリックすると、"MDM_ INVENTIT INC._Certificate.pem"が
    ダウンロードされます。

apns8.png

 

 7) ダウンロードした上記ファイルを添付し、ご連絡を差し上げたメールへ返信してください。

 

【③発行済みの証明書が複数ある場合...】

発行済みの証明書が複数表示され、現在使用中の証明書がどの証明書か不明な場合は、
"Expiration Date"にて、有効期限をご確認ください。

有効期限が同一で、どの証明書か不明な場合は、更新を実施する前に、すべての証明書を
ダウンロードしていただき、何番目の証明書かファイル名に明記した上で、サービス事務局またはサポート窓口へ
送付してご相談ください。
どちらの証明書が使用中の証明書に該当するか、調査してご連絡いたします。

 

 

ご不明な点や、スタートアップガイドについてご不明な箇所がございましたら、
MobiConnectカスタマーサポートまでご連絡ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk