IVI MDMとApple MDM、タップ方式とサイレント方式について

iOS端末では、下記の3つの方式にて端末を制御します。

  1. IVI MDM
    クライアントアプリとプロファイルを使用して制御する、弊社独自のMDM方式
    クライアントアプリの通知をタップして使用するため、タップ方式と呼んでいます

  2. Apple MDM
    Apple社のMDM仕様に基づき、プロファイルのみで制御するMDM方式
    ユーザーの操作が不要なため、サイレント方式と呼んでいます

  3. Hybrid MDM
    上記2つの方式を併用して端末を管理する方式

各方式の対応機能は下記の通りです。

カテゴリ 機能 IVI MDM Apple MDM Hybrid MDM
紛失時対策   遠隔初期化
IVI MDM、Apple MDMの2つの方式が同時に実行されます
リモートロック -
パスワードリセット -
遠隔設定
制限適用
遠隔設定フィーチャーセット
タップ方式

サイレント方式

選択可
遠隔監視   端末設定状態の監視 -
アプリインストール状態の監視 -
位置情報の監視 -
端末情報取得   端末基本情報取得
IVI MDM、Apple MDMの2つの方式が同時に実行されます
位置情報取得 -
インストール済みアプリ一覧取得 -
ワークフローメニュー Inhouseアプリケーション配信 -
ファイル管理 構成プロファイル/プロビジョニングプロファイルの配信
タップ方式

サイレント方式

選択可
mobiApps(オプション) 各種アプリ配信 -

 

遠隔設定フィーチャーセット、プロファイル配信にて「タップ方式」「サイレント方式」を選択可能になっていますが、
タップ方式IVI MDMサイレント方式Apple MDMに該当します。

 

タップ方式では、クライアントアプリへのPUSH通知をタップし、ユーザーによるプロファイルの
インストール操作などが必要なIVI MDM方式となります。
クライアントアプリが削除されている場合は、IVI MDM方式の要求を実行することができません。

また、タップ方式にて遠隔設定フィーチャーセットおよびプロファイル配信を実行した場合、
端末側ではIVI MDMプロファイルの一部としてインストールされます。
IVI MDMのプロファイルは、インアクティベーションを正常に実行し、削除用のプロファイルをインストールするまで
端末側で削除することができないため、ユーザーにより制限を解除することができません。

 

サイレント方式では、端末側でのプロファイルのインストール操作などが不要なApple MDM方式となります。
Apple MDMプロファイルが削除されている場合は、Apple MDM方式の要求を実行することができません。

また、サイレント方式にて遠隔設定フィーチャーセットおよびプロファイル配信を実行した場合、
端末側ではApple MDMプロファイルの一部としてインストールされます。
Apple MDMのプロファイルは、端末側で削除することが可能なため、削除することでユーザーにより制限を解除することが可能です。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk