アクティベーション手順 (Apple MDM、Apple MDM BYOD)

最終更新日:2018/1/26

【Apple MDMをご利用のお客様】

本項では、iOS端末を監視対象設定しない場合のアクティベーション手順について説明します。

下記の流れで、初期設定を行います。  

 

①プロファイルインストール用のURLへアクセスする

②端末登録用認証情報の入力

③プロファイルをインストールする

 

【補足事項】 監視対象に設定してアクティベーションする場合

監視対象に設定する場合は、下記のそれぞれの方法でアクティベーションを実行することで、監視対象に設定することが可能ですので、下記の手順をご参照ください。

Apple Configurator 2を使用 した端末のキッティング手順

DEPを使用したキッティング手順

なお、監視対象に設定する場合は、端末の初期化が必要になります。

 

 

①プロファイルインストール用のURLへアクセスする

  iOS端末本体を使用し、下記のURLへアクセスします。

    ※safariをご利用ください。

  ・Apple MDM用URL:https://e.mobi-connect.net/go/enroll

    ※Apple MDM BYOD用URL:https://e.mobi-connect.net/go/byod/enroll

__________2017-11-22_14.50.30.png

②端末登録用認証情報の入力

  事前に設定した、端末登録用認証情報を入力し、「登録」ボタンを押下します。

  Apple MDMの場合、管理画面上から端末を特定する場合、「所有者名」をご利用いただくと便利です。
  端末管理の手段としてご利用ください。

 __________2017-11-22_14.51.03.png 

③プロファイルをインストールする

   画面の指示に従い、プロファイルをインストールします。「インストール完了」の画面が
  表示されたら、画面右上の「完了」を押下すると、Safariにてプロファイルインストール完了画面
  が表示されます。

__________2017-11-22_14.51.39.png

__________2017-11-22_14.52.07.png

__________2017-11-22_14.52.54.png

 ※「要求がタイムアウトしました」と表示された場合、「OK」を押下し、再度、「インストール」を押下してください。

 

 

続いて、サービスプランの設定を行います。

 

 

 

ご不明な点や、スタートアップガイドについてご不明な箇所がございましたら、
MobiConnectカスタマーサポートまでご連絡ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk