メンテナンスのお知らせ【MobiConnect14.0リリース】

お客様各位

いつもお世話になります。MobiConnectサポート窓口です。
平素は、MobiConnectをご利用いただき、誠にありがとうございます。

以下の日時にて、当社環境のメンテナンスを実施させて頂きます。

■実施日及び時間帯

  • 実施日:2013年7月31日(水)
  • 実施予定時間:20:00~22:00

■詳細

  • MobiConnect14.0をリリース致します。
  • 企業管理者向けに機能の改善を行います。

機能改善に伴い、MobiConnect 14.0リリース後に設定されている内容の一部が引き継がれずに、
再設定または変更が必要となる箇所がございます。
また、IVI MDMまたはHybrid方式にてiOS端末をご利用中のお客様においては、今回修正した不具合を適用するために、
クライアントアプリケーションのアップデートが必要となります。

お手数をお掛けいたしますが、必ずご確認いただきます様、よろしくお願いいたします。


*今回のリリースにあたり、iOS端末の場合は、AppStoreにてMobiConnectforBusinessバージョン14.0へのアップデートが必要となります。
*Apple社の審査により、リリースが一部遅れる場合がございます。
*Android端末の場合、本リリースにより追加された幾つかの機能をご利用いただくには、バージョンが14.0以降のクライアントアプリケーションが必要となります。
 バージョン14.0に対応した機種は、順次リリース予定です。

  1. MobiConnect 14.0より、新たにWindows 8 (Intel版) に対応いたします。
    尚、ご利用できる対応機種、対応機能については、対応クライアントがリリースされ次第、別途ご案内をいたします。

  2. iOS端末において、BYODプランに対応いたします。
    BYODプランの対応機能は、下記の通りとなります。
    ・遠隔ロック ・パスコードリセット ・ローカルセキュリティーポリシー ・WLAN設定 ・ブックマーク設定・VPN設定 ・メール設定 ・Exchange設定
    BYODプランご利用ご希望のお客様は、お申込書へのご記入が必要となります。
    弊社代理店、または弊社担当営業までご連絡ください。
    ※BYODプランにて登録されている端末は、他のサービスプランに変更することはできません。
    ※BYODプランご利用の際は、Apple MDM方式のご利用となります(IVI MDM方式およびHybrid方式はBYODプランに対応していません)。

  3. iOS端末及びWi-Fi Android端末において、クライアントアプリケーションより端末登録を実行する際、
    デフォルトで登録されるグループがルートグループとなっておりましたが、任意のグループへ登録する機能が追加されます。
    現在、企業ルートグループ情報のみで設定している「iOS/Wi-Fi Android 端末登録用認証情報」を、各グループに設定することができるようになります。
    これにより、登録時に任意のグループに端末が登録されます。
    【重要】
    本機能のリリース後、企業ルートグループ情報にすでに設定されている「iOS/Wi-Fi Android 端末登録用認証情報」が消去されます。
    お手数ではございますが、必要に応じて企業ルートグループ情報の「iOS/Wi-Fi Android 端末登録用認証情報」の再設定をお願いいたします。
    再設定を行わない場合、今まで設定されていた「iOS/Wi-Fi Android 端末登録用認証情報」を使って、企業ルートグループへ端末を登録することが
    できなくなります。

  4. ログインしている企業管理者の管理下において、「No Plan」の(まだプランが設定されていない)ままの端末が登録されている場合、
    管理画面「ホーム」にて、アラートが表示されるように改善されます。

  5. iOS端末において、Hybrid MDM方式及びApple MDM方式をご利用中のお客様には、ご利用のアカウント毎にAPNs証明書を取得していただいており、
    1年ごとの更新が必要となっております。
    更新時期につきましては、現在はサービス事務局よりご案内をしておりましたが、それに加えて、有効期限の1ヶ月前になると、
    管理画面「ホーム」にて、アラートが表示されるようになります。

  6. 管理画面「企業管理メニュー」 > 「端末管理」 より、端末番号を選択後に表示される端末情報にて、入力可能な項目「備考」に加え、
    「備考2」「備考3」が追加されます。
    今回追加される「備考2」および「備考3」につきましても、端末検索時に部分一致(文字列の一部分が一致)により検索されます。
    (「備考2」および「備考3」に任意に記載された内容を基に端末を検索することが可能です)

  7. MobiConnect 13.0にてリリースしました、管理要求管理の一括キャンセル機能について、今までは管理要求管理の画面上に表示されている
    全ての要求をキャンセルする「一括キャンセルボタン」のみでしたが、新たに、表示されていない要求も含めて、登録されている全ての要求を
    キャンセルする「全キャンセル」ボタンが追加されます。

  8. 管理画面において、「遠隔設定フィーチャーセット」「サービス利用権限」「遠隔監視ポリシー」の設定データコピーを実行した際、
    設定データ名を編集する事ができるように改善されます。
    ※同一グループ内に、重複するデータ名の設定を作成することはできなくなります。
    【重要】
    本機能のリリース後、同一グループ内に既に重複するデータ名の設定が登録されている場合は、設定ファイル名の末尾にシステム側で
    自動的に枝番号(例:「-1」「-2」等)が付与されます。
    設定データ名の末尾に枝番が付与された場合でも、設定内容自体に変更はありません。

  9. IVI MDM方式またはHybrid方式にてiOS端末をご利用になられている場合、端末の電源がONになってから、MobiConnectのアイコンを
    一度もタップしていない状態で、管理要求のPUSH通知をタップした際、まれにエラーダイアログ「端末の再登録が必要です」と
    表示される不具合が修正されます。
    【重要】
    ※本修正を適用する為には、クライアントアプリケーションをAppStore経由でMobiConnect for Businessバージョン14.0へアップデートする必要があります。
    ※Apple社の審査状況により、本修正を適用したクライアントアプリケーションのAppStoreへのリリースが遅れる場合がございます。

  10. 管理画面「端末制御メニュー」 > 「端末情報取得」 > 「端末基本情報取得」にて取得できる端末情報の、「メモリとファームウェア情報」の項目に
    下記情報が追加されます。
    Android端末向けに追加される項目
    ・Wi-Fi MACアドレス ・IMEI ・IMSI
    iOS端末 ( Apple MDM方式 / Hybrid MDM方式 )向けに追加される項目
    ・Wi-Fi MACアドレス ・IMEI
    *Android端末において、MACアドレス取得の条件として、端末側設定にてWi-Fiがオンになっている必要があります。
    デバイス利用制限にてWi-Fiの利用制限を設定している場合は、Wi-Fi MACアドレスは取得されません。
    *本機能は、クライアントアプリケーションのバージョンが14.0以降に対応した機種でご利用できます。

  11. 「企業管理メニュー」 > 「端末管理」より、端末情報をCSV出力する際の出力方法を変更いたします。
    これにより、CSV出力中(CSVファイルの作成完了まで処理中)は、管理画面の操作ができなくなっておりましたが、MobiConnect 13.0より機能追加された
    「全端末CSV出力」機能と同様に、CSVファイル作成処理が完了した時点で、管理画面「ホーム」にダウンロードボタンが作成されます。

  12. Android端末において、「端末制御メニュー」 > 「アプリケーション・ファイル管理」 > 「インストール済みアプリ一覧取得」 にて
    取得されるアプリケーション名に、
    バージョン情報が追加されます。
    *本機能は、クライアントアプリケーションのバージョンが14.0以降に対応予定の機種でご利用できます。

  13. Hybrid MDM方式をご利用のiOS端末において、「端末制御メニュー」 > 「遠隔設定」 > 「遠隔設定フィーチャーセット」の配信を行う際、
    ファイル管理機能の構成プロファイル配信同様にPUSH通知による「タップ方式」(IVI MDM方式およびHybrid方式)、
    タップが不要な「サイレント方式」(Apple MDM方式およびHybrid方式)を選択可能となります。
    「タップ方式」を選択した場合は、従来通り、端末側にてクライアントアプリケーションの通知をタップしてプロファイルをインストールしますが、
    「サイレント方式」を選択した場合は、端末側にて通知されずに自動でプロファイルがインストールされます。
    但し「サイレント方式」を選択した場合は、Apple MDMの仕様によりプロファイルを削除することが可能になります。

 

■メンテナンス中のご利用について

申し訳ございませんが、メンテナンス作業中は、サービスをご利用になれません。
作業開始時にサービスにログインされていた場合は、セッションが切れ、エラーページが表示される場合がございます。
この場合、メンテナンス作業が完了するまでは、再度、ログインする事が出来ません。

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk