【重要なお知らせ】MobiConnect:iOS7対応について

いつもお世話になります。MobiConnectサポート窓口です。
平素は、MobiConnectをご利用いただき、誠にありがとうございます。

近日、Apple社よりiOSの最新バージョン 「 iOS 7 」 のリリースが予定されております。
iOS7リリースに伴い、MobiConnectクライアントアプリのアップデートについて、
事前にお知らせいたしますので、必ずご確認いただきますよう、お願いいたします。


Apple社iOSの仕様変更により、iOS7より、個体識別番号の情報取得方法が変更され、
従来のMobiConnectクライアントアプリでは、正常に遠隔制御を実施できないことを、
Apple社より提供されております開発者向けのiOS7 Beta版の仕様にて確認しております。


現在、Apple社よりBeta開発者向けに配布されているiOS7 Beta版の最新バージョンにて
検証を行っており、iOS7が正式にリリースされてから、数日以内を目途に
iOS7対応MobiConnectクライアントアプリをリリースできるよう、準備を進めておりますので、
Apple社よりiOS7が正式にリリースされた場合は、弊社よりiOS7対応クライアントアプリが
リリースされるまで、iOSのバージョンアップを実行されないよう、
エンドユーザー様へのご連絡をお願いいたします。
MobiConnectのクライアントアプリのiOS7対応アップデートリリースについては、
準備ができ次第ご案内いたしますので、クライアントアプリのアップデート後に、
iOSのアップデートを実施してください。


MobiConnectクライアントアプリをバージョンアップする前に、
iOS7へアップデートしてしまった場合、個体識別番号が確認できず、
インアクティベーションを実行することができません。
その場合は、以下の方法で復帰をお願いいたします。

手順:

  1. 管理画面の[端末制御メニュー]>[管理要求管理]にて、
    該当端末へ要求中の管理要求をキャンセルします。
    *すでにキャンセルされている場合は不要です。
  2. [企業管理メニュー]>[端末管理]から該当端末を選択し、
    「端末制限を解除する」のチェックをOFFにしてインアクティベーションします。
  3. 管理画面にて、該当端末の状態が「無効」になったことを確認します。
  4. [企業管理メニュー]>[端末管理]から該当端末を選択し、
    端末詳細画面より、端末登録を削除します。
  5. AppStoreより、MobiConnectクライアントアプリをiOS7対応版へアップデートします
  6. 端末側より、端末の再登録とアクティベーションを行なってください。

*Apple社iOSの仕様により、エンドユーザー様によるOSのアップデートを、
MDMにて制限することができません。
つきましては、iOS7対応版MobiConnectクライアントアプリへのアップデートが
完了するまでの間、エンドユーザー様がiOSのバージョンアップを行わないよう、
予めご案内いただくことを強く推奨いたします。

OSのバージョンアップに伴い、お手数をお掛かけいたしますが、
ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。


尚ご不明な点は、弊社サポート窓口までご連絡ください。
MobiConnectサポート窓口:support-ja@mobi-connect.net

今後ともMobiConnectをどうぞよろしくお願いいたします。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk