メンテナンス完了のお知らせ【MobiConnect15.0リリース】

お客様各位
いつもお世話になります。MobiConnectサポート窓口です。
平素は、MobiConnectをご利用いただき、誠にありがとうございます。
メンテナンスが終了し、MobiConnect15.0のリリースが完了しましたので、ご報告いたします。

 

■詳細

MobiConnect15.0をリリースしました。
企業管理者向けに機能の改善を実施しました。
今回修正した不具合を適用するために、クライアントアプリケーションのアップデートが必要となります。
*iOS端末の場合、クライアントアプリケーションのアップデートはございません。
お手数をお掛けいたしますが、必ずご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。
*Android端末の場合、本リリースにより追加された幾つかの機能をご利用いただくには、
 バージョンが15.0以降のクライアントアプリケーションが必要となります。
 バージョン15.0に対応した機種は、順次リリース予定です。


1.Android端末にて、遠隔監視ポリシーのアプリインストール状態の監視に、ブラックリスト機能が追加されます。
 管理画面>設定管理メニュー>遠隔監視ポリシー管理>新規登録>アプリケーション状態の監視>アプリ監視設定
 「監視方式」よりホワイトリストまたはブラックリストのいずれかを選択する事ができます。*
 (*)既にホワイトリストが適用されている端末へ、ブラックリストを適用した場合、ホワイトリストは解除されます。
  反対に、ブラックリストが適用されている端末へ、ホワイトリストを適用した場合、ブラックリストは解除されます。
 監視機能では、ブラックリストに含まれるアプリケーションを検知した場合、管理画面にてアラートを受け取ることができます。
 ⇒ご利用いただくには、クライアントアプリケーションのアップデートが必要です。

2.Android端末にて、CSVで出力される情報にアンチウィルスログが追加されます。
 既存では管理画面でのみ確認できていた、アンチウィルスログをCSVファイルよりご確認いただけます。
 既存のCSV出力機能「詳細情報のCSV出力」「全端末情報CSV出力」より取得したCSVファイルが対象となり、
 ファイル内に「アンチウィルスアプリのログ情報」を追加します。
 また、端末にインストールされているアンチウィルスアプリケーションの、
 [有効/無効、アプリバージョン、定義ファイルバージョン、最終更新日]も追加されます。

3.Android端末にて、Proxy経由ネットワークの接続に対応します。
 Proxy設定を行っているネットワークを経由して、MobiConnectにて管理を行うことができます。
 Android4.1以降の端末に標準搭載されているProxy設定に加え、
 「4」でご案内するクライアントアプリケーションの設定をご利用いただけます。
 ⇒ご利用いただくには、クライアントアプリケーションのアップデートが必要です。

4.Android端末にて、MobiConnectクライアントアプリケーションにProxy設定の項目が追加されます。
 MobiConnectクライアントアプリケーションにより、単一ネットワークに対しProxyの設定を行うことができます。
 なお、Android4.1以降の端末にもProxy設定が標準搭載されていますが、
 クライアントアプリケーション側と標準搭載の両設定が適用されている場合、標準搭載されているProxy設定が優先されます。 
 ⇒ご利用いただくには、クライアントアプリケーションのアップデートが必要です。

5.Android端末にて、「SSIDの監視機能」が追加されます。
 管理画面>設定管理メニュー>遠隔監視ポリシー設定>新規登録>端末状態の監視にて設定できます。
 URL接続先ホワイトリスト以外の接続先が端末に保存されている場合、ホーム画面にアラートを表示します。
 ⇒ご利用いただくには、クライアントアプリケーションのアップデートが必要です。

6.Android端末にて、「SSIDの接続制限機能」が追加されます。
 管理画面>設定管理メニュー>デバイス利用制限設定>新規登録>SSID接続先制限にて設定できます。
 設定対象端末に保存されているSSID情報と、
 端末に設定されているSSID接続先制限のホワイトリストが異なる場合、
 ホワイトリストに含まれないSSID情報を端末から削除し、接続を制限します。
 ⇒ご利用いただくには、クライアントアプリケーションのアップデートが必要です。

7.Android端末にて、「Root化の監視と通知機能」が追加されます。
 管理画面>設定管理メニュー>遠隔監視ポリシー設定>新規登録>端末設定状態の監視、にて設定できます。
 遠隔監視ポリシーに「Root化検知」の項目を追加します。
 Root化を検知した場合、管理画面にて通知を受け取ることができます。
 ⇒ご利用いただくには、クライアントアプリケーションのアップデートが必要です。

8.iOS端末において、VPN設定にパスワード(IPSec)の項目が追加されます
 管理画面>設定管理メニュー>VPN設定>新規登録にて、
 「接続のタイプ」をIPSecに設定した場合、パスワードの項目が表示され登録することができます。
 VPN IPSec設定を配信する際、パスワードも含めて配布することができます。

9.マネージメント サマリーの円グラフへ「Windows」が追加されます。

10.CSV一括端末登録の上限数が増加します。
 CSV一括端末登録において、最大1,000台の端末を同時に登録することが可能となります。
 なお、「端末一括更新」に関しましては、従来通り、250台までとなっております。

11.下記4点の不具合に対し改修を行います。
①各グループの名称を変更しても、グループリスト側のグループ名称が更新されない不具合
②遠隔監視ポリシー編集画面において、位置情報取得のスケジュール項目に、
 対応OSを示すアイコンが表示されていない不具合
③[Nexus7(4.3) Wi-Fi端末]において登録画面のレイアウトが正しく表示されない不具合
 ⇒修正には、クライアントアプリケーションのアップデートが必要です。
④Verisign証明書の失効途中にインアクティベーションを行うことができ、失効処理が実行されない不具合
⑤iOSのフィーチャーセットをサイレント方式(AppleMDM)+タグ設定ありで配信した場合にエラーが発生する不具合

 

なお、MobiConnectクライアントアプリケーションのアップデート手順に関しましては、
こちらのFAQをご参照ください。
※該当のFAQが表示されない場合、弊社サポート窓口までご連絡ください。

 

メンテナンスにご協力いただき、誠にありがとうございました。
ご不明な点は、弊社サポート窓口までご連絡ください。
今後ともMobiConnectをどうぞよろしくお願いいたします。

MobiConnectサポート窓口:support-ja@mobi-connect.net

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk