8/5 Android【対応状況のご報告】ソフトウェア更新による機能への影響について

お客様各位

いつもお世話になっております。
MobiConnectサポート窓口です。

 

8月3日(水)にアナウンスいたしました、一部のAndroid端末において、ソフトウェア更新に伴い、
ビルド番号がアップデートされることで、遠隔監視機能などにおけるアプリの起動制限が、
正常に動作しない事象が発生する件について、MobiConnectにおける今後の対応を、下記の通りご報告いたします。

該当機種をご利用中のお客様は、必ずご確認いただきますよう、お願いいたします。

 

■事象の詳細■

ソフトウェア更新に伴う、ビルド番号のアップデートにより、下記のアプリ起動制限機能が動作せず、
制限されているはずのアプリが起動できてしまう可能性があります。

  • 遠隔監視の"アプリインストール状態の監視"にて、ホワイトリストまたはブラックリストを使用して
    アプリの起動制限を適用している
  • 例外アプリに含まれていない、"他のアプリを終了"する機能を持つアプリの起動がデフォルトで制限されない

 

■原因■

ソフトウェア更新に伴い、ビルド番号がアップデートされることにより、アプリ起動検知に関する
端末本体側の処理が変更されるため、既存の方法では起動したことを検知することができず、
アプリの起動制限が実行されない。

 

■今後の対応について■

アプリ起動検知の処理に関する仕様を変更し、ビルド番号が下記にアップデートされている端末においても、
上記の事象が発生しないよう、対応いたします。

本対応に伴い、クライアントアプリを再リリースするため、端末側にてクライアントアプリを
アップデートしていただく必要がございます。

 

■アップデートリリース時期■

8月9日(火) 該当する5機種のクライアントアプリをアップデートリリース予定
※一部の機種のみとなる場合があります

 

■クライアントアプリのアップデート方法■

《Google Playストアを使用している場合》
  1. Google Playストアにて、MobiConnectインストーラーを最新バージョンへアップデートする
  2. アップデートしたインストーラーを起動する
  3. 画面の指示に従い、クライアントアプリを最新バージョンへとアップデートする
《Google Playストアを使用していない場合》
  1. 管理画面右上ヘルプより「Android端末 クライアントアプリダウンロードURL」をダウンロードする
  2. ダウンロードしたURLより、該当する機種のクライアントアプリをダウンロードする
    ※PCにてダウンロードして端末に送付する、または端末側にて直接ダウンロードします
  3. 端末側で、ダウンロードしたapkファイルを実行し、上書きインストールを実施する
※アップデートリリース後のクライアントアプリでは、MobiConnectのAccessibility(ユーザー補助機能)を有効にする必要があります。
 要求画面が表示された場合は、画面の手順に従ってAccessibilityを有効に設定してください。

 

■該当するビルド番号■

  • 23.1.B.1.317
  • 23.1.B.1.313
    ※ソフトウェア更新でのリリース日:2016年7月12日

 

■現在確認できている該当機種■

  • Xperia Z2 SO-03F  5.0
  • Xperia Z3 SO-01G  5.0
  • Xperia Z3 Compact SO-02G  5.0
  • Xperia A4 SO-04G  5.0
  • Xperia Z2 Tablet SO-05F  5.0

※上記は、現時点で確認済みの機種のみとなります。

 

■端末側における自動更新のオフについて■

端末側「設定」>「端末情報」>「ソフトウェアアップデート」より、"自動アップデート"をオフにしていただくことで、
自動的にアップデートされることを防止し、端末側の操作にて任意のタイミングでアップデート可能となります。

 

以上、今後とも、MobiConnectを何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk