9/14 iOS10への対応について

お客様各位

いつもお世話になっております。
MobiConnectサポート窓口です。

 

Apple社より日本時間9月14日にリリースされました、iOS10への対応について、
動作検証が完了しておりますので、ご報告いたします。

iOS8.3以降に登録された端末を、iOS10へアップデートした場合、MobiConnectにて提供中の
従来の機能につきましては、先般からアナウンスしております下記の事象を除き、
問題なく動作することを確認しております。

 

■先般から発生している事象について■

① i-FILTERブラウザーオプションにおけるiOS10にて発生している事象
i-FILTERブラウザーオプションでは、iOS10にアップデートされた端末にて、下記事象の発生を確認しております。
  • リダイレクトされるコンテンツへの通信ができない
     ※Twitterへログインできない、Yahoo!検索ができない など
  • クリップボードを禁止したときにも、「ペースト」メニューが表示されてしまう
本事象への対応は、i-FILTERブラウザークライアントのアップデートにて対応予定です。
※事象についてのアナウンス:https://inventit.zendesk.com/entries/36233782
② IVI MDMプロファイルを上書きすることができない事象
すでにMobiConnectに登録済みのiOS8.2以下の端末を、iOS8.3以降へアップデートすると、
該当する要求を実行した場合に、プロファイルを上書きインストールすることができないため、
インアクティベーションを含むIVI MDM方式の一部要求を実行することができない。
※事象についての最終アナウンス:https://inventit.zendesk.com/entries/98442268
※対応に必要なファイルの有効期限は終了しております。
③ 端末基本情報取得が端末エラーとなる
iOS9以降の端末に対し、端末基本情報取得を実行すると、クライアントアプリを使用する
IVI MDM方式の要求のステータスが"端末エラー"となり、情報を取得することができない。
ただし、Apple MDM方式の端末基本情報取得は問題なく実行されるため、端末の情報を
取得することが可能です。
※方式により取得できる情報の違い:https://inventit.zendesk.com/entries/89143977

  

【iOS8.2以下の端末をiOS10にアップデートする場合の注意事項】

上記②の事象が発生するため、iOS8.2以下の端末をiOS10へのアップデートを実施する前に、
下記手順を実施してプロファイルを予め削除しておく必要があります。

また、最新バージョン(20.0)のクライアントアプリがインストールされていない場合は、
App Storeより最新バージョンをインストールしてから、再登録してください。


【iOS8.2以下の端末をiOS10へアップデートする場合の手順】

  1. iOS10へアップデートする前に、管理画面からインアクティベーションを実行
     ※プロファイルは必ず削除してください
     ※インアクティベーションおよびプロファイル削除の手順はこちらの手順をご参照ください
  2. MobiConnectのプロファイル削除が完了後、iOS10へアップデート
  3. アップデート完了後、クライアントアプリより端末を再登録

本手順を実施してからiOS10へアップデートした場合、上記の事象以外の要求の実行などは
問題なく動作し、ご利用いただくことが可能です。

また、上記対応を実施せずに、iOS8.2以下で登録された端末をiOS8.3以降へ
アップデート済みの端末につきましては、事象②の発生に該当する端末のため、
iOS10へアップデートした場合でも、引き続き事象に該当し、IVI MDMプロファイルを
上書きすることができませんので、ご注意いただきますよう、お願いいたします。

 

■その他制限事項について■

iOS9以降の端末では、クライアントアプリのアップデートを問わず、
下記の制限事項があります。

  • 端末基本情報取得にて起動中プロセスを取得することはできません

 

以上、何卒よろしくお願いいたします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk