6/10【iOS】「設定の取得に失敗しました」と表示される事象について

お客様各位

いつもお世話になっております。
MobiConnectサポート窓口です。

 

App Storeの不具合の可能性により、クライアントアプリをApp Storeにてアップデートした際に、
端末固有に割り当てられる番号(IDFV)が、端末側で変更されてしまう事象が発生しております。
※IDFVは、MobiConnectが端末を特定するために使用している番号になります。

そのため、MobiConnectをご利用中のiOS端末において、下記事象が発生しております。

 

【該当端末】

MobiConnectに登録済みのiOS端末において、2015年5月28日頃以降に
App StoreよりMobiConnectクライアントアプリをアップデートされた端末

 

【発生事象】

  • タップ方式を選択して遠隔設定フィーチャーセットを適用
  • インアクティベーション実行

上記要求を実行後、MobiConnectクライアントアプリまたは通知をタップして起動すると、
下記メッセージが表示されます。

「設定の取得に失敗しました」

 

端末側ではメッセージが表示されたあと、プロファイルのインストール画面へと
遷移することができないため、プロファイルをインストールすることができません。

管理画面では、登録した要求のステータスは実行中、PUSH送信中のままとなり、
終了されることはありません。
この場合、要求を手動でキャンセルする必要があります。

 

【原因】

5月28日頃以降にApp StoreにてMobiConnectクライアントアプリをアップデートした際に、
本来は変更されることのない端末固有に割り当てられている番号(IDFV)が、登録時の番号から
変更されてしまうため、管理画面に登録されている情報と不整合が発生します。

そのため、クライアントアプリをタップした際に、上記メッセージが表示され、
要求を実行することができません。

 

【対応手順】

本事象に対するApple社側の対応が完了するまでの間、App StoreよりMobiConnectクライアントアプリの
アップデートをお控えいただきますよう、お願いいたします。

 

また、すでに本事象が発生している端末では、下記手順を実行することで、復旧することが可能です。

手順:

  1. 管理画面の[端末制御メニュー]>[管理要求管理]にて、
    該当端末に対する管理要求がある場合はキャンセルします。
  2. 「管理メニュー」>「端末管理」から該当端末を選択し、
    「端末制限を解除する」のチェックをOFFにしてインアクティベーションを実行します。
  3. 該当端末の状態が「無効」になったことを確認します。
  4. 「管理メニュー」>「端末管理」から該当端末の端末番号をクリックし、
    端末詳細画面にて「削除」ボタンを押下します。
  5. 該当端末の情報が管理画面より削除されたことを確認し、
    端末側から、再度端末登録を行なってください。

 

本事象につきましては、MobiConnectクライアントアプリを2015年5月28日頃以降に
App Storeよりアップデートされた端末のみが対象となり、
2015年5月28日頃以降にMobiConnectクライアントアプリを新規インストールされた端末や、
未アップデート端末では、発生しない事象となります。

この度はご迷惑をおかけしており、大変申し訳ございません。
本事象について、Apple社における対応に進捗がございましたら、ご報告いたします。

発生した端末におきましては、上記対応手順を実施していただきますよう、お願いいたします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk