6/12【MoChat】iOS端末にて発生している事象について

お客様各位

いつもお世話になっております。
MobiConnectサポート窓口です。

iOS端末にてMoChatオプションをご利用中のお客様へ

6月10日にアナウンスいたしました、App Storeの不具合により、
MobiConnectクライアントアプリをApp Storeにてアップデートした際に、
端末固有に割り当てられる番号(IDFV)が端末側で変更されてしまう事象について、
MoChatオプションにおいても下記事象が発生しておりますので、ご報告いたします。

 

【発生事象】

MoChatアプリを起動後、認証に失敗する

 

【原因】

IDFVは、App Storeよりアプリをインストールした際に、ベンダーごとに発行される
端末固有の識別番号のため、弊社よりリリースされているMobiConnectクライアントアプリと
MoChatアプリでは、同じIDFVが割り振られることが、本来の仕様となります。

しかしながら、現在発生しているApp Storeの不具合により、それぞれ異なるIDFVが
割り振られてしまうため、MobiConnectのサーバーに登録されている、端末を識別する
IDFV(MobiConnectクライアントアプリに割り振られたIDFV)と、MoChatアプリに割り振られた
IDFVが一致せず、端末を認証することできないことが原因となります。

 

【該当端末】

MobiConnectに登録済みのiOS端末において、2015年5月28日頃以降に、App StoreよりMoChatアプリを
インストール、またはアップデートされた端末

 

【ご利用について】

App Storeにて発生している事象に対する、Apple社の対応が完了するまでの間、
MoChatを新規にご利用いただくことができません。

 

なお、本事象につきましては、2015年5月28日頃以前に、MobiConnectへの端末登録とMoChatへの登録が完了しており、
App Storeより両アプリをアップデートしていない端末では、発生しない事象となります。

そのため、現在問題なくご利用できている端末につきましては、MobiConnectクライアントアプリ、
またはMoChatアプリを、App Storeよりアップデートまたはインストールしないよう、
何卒よろしくお願いいたします。

この度はご迷惑をおかけしており、大変申し訳ございません。
本事象について、Apple社における対応に進捗がございましたら、ご報告いたします。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk