iOS8.0アップデートについて

お客様各位

いつもお世話になります。
MobiConnectサポート窓口です。

平素は、MobiConnectをご利用いただき、誠にありがとうございます。
iOS8.0へのアップデートについて、ご連絡いたします。

現状、iOS8.0のアップデートについて、
9月19日18時16分にMobiConnectの端末基本情報取得が
自動実行される事象についてご案内しました。
この度、13時30分にパッチ適用を実施し、修正いたしました。
パッチ適用後につきましては、
【修正パッチ適用後にiOS 8.0へアップデートした場合】をご確認ください。
尚、パッチ適用以前にiOSのアップデート中に
MobiConnectの端末基本情報取得が自動実行されている端末については、
恐れ入りますが、下記に記載の【解消方法】の実施を
していただきますよう、お願い申し上げます。


【修正パッチ適用後にiOS 8.0へアップデートした場合】
iOSアップデート中に自動実行される「端末基本情報取得」の要求
については、実行されません。通常通りご利用いただけます。
管理画面上ホーム画面に
「離脱監視:iOS端末でMDM Agentが削除された可能性があります」
のメッセージは表示されません。


【修正パッチ適用前にiOS 8.0へアップデートした場合】
iOS8.0の仕様変更により、iOSアップデート中に
MobiConnectの端末基本情報取得が自動実行される事象を確認しております。
端末に「端末基本情報取得」が自動実行されるタイミングにより、
実際にはMobiConnectアプリケーションが削除されていないにも関わらず、
管理画面上ホーム画面に
「離脱監視:iOS端末でMDM Agentが削除された可能性があります」
のメッセージが表示される場合がございます。
この場合、自動実行された端末情報取得が、管理要求管理の画面上、
ステータスが「PUSH送信中」のままとなります。

本事象は、以下の方法にて解消できます。


【解消方法】
・管理画面上より、該当の管理要求をキャンセルします。


ご不明な点は、弊社サポート窓口までご連絡ください。
今後ともMobiConnectをどうぞよろしくお願いいたします。


MobiConnectサポート窓口:support-ja@mobi-connect.net

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk