11/27【MobiConnect 24.0リリース】本日メンテナンス実施のお知らせ

お客様各位

いつもお世話になります。MobiConnectサポート窓口です。
平素は、MobiConnectをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

本日、予定しておりました通り、下記日時にてシステムメンテナンスを実施いたします。

■実施予定日時■

2016年11月27日(日)19:00~25:00(予定)

 

■メンテナンス詳細■

MobiConnect 24.0リリースに伴うメンテナンスを実施します。

本リリースでは、App StoreにおけるiOS端末向けMobiConnect MDM Agentのアップデートリリースはありません。

 

 

■機能追加・改善内容■

 

《管理者向け》

【ユーザーインターフェイスを刷新】
管理画面の操作性を改善するため、新しいユーザーインターフェイスをリリースします。
新ユーザーインターフェイスについては、こちらの紹介記事をご参照ください。
※当面の間、新ユーザーインターフェイスと旧インターフェイスの両方をご利用いただけます。
 
【サポートブラウザの追加】
ご要望を多くいただいておりました、Safari(Mac OS、iOS *1)をサポートブラウザとして対応いたしました。

 

《iOS端末向け》

【グループに適用するフィーチャーセット、監視ポリシー機能の改善】
グループに適用するフィーチャーセット(サイレント)および監視ポリシーを設定している際に、
Apple MDMのみで登録した場合にも適用されるよう改善します。
従来はMobiConnect MDM Agentアプリから登録するIVI MDM、
またはHybrid MDMにて登録した際にのみ自動適用されていましたが、
機能改善により、Apple Configurator2やDevice Enrollment Programを使用して
自動登録した場合にも、フィーチャーセットおよび監視ポリシーが自動適用されます。
 
【Apple MDM方式から登録後にHybrid MDM登録する際の動作の改善】
Apple MDM方式のみで登録されている状態で、フィーチャーセットおよび遠隔監視ポリシーを適用すると、
その後はMobiConnect MDM AgentからHybrid MDM登録することができませんでしたが、
機能改善により、適用後もHybrid MDM登録が可能となります。
 
【MobiConnect MDM Agentアプリを削除されたあとの対応方法について改善】
Hybrid MDMにてご利用中のiOS端末にて、MobiConnect MDM Agentアプリを削除された場合、
管理画面側にて端末状態を一度無効にしてから、再度端末登録を実施していただく必要がありましたが、
機能改善により、管理画面上の端末状態は有効のまま、MobiConnect MDM Agentから
端末登録を実施することで、再登録が完了となります。
 
【アプリリストグループ機能の追加】
mobiAppsオプションにて、複数のアプリリストをまとめる"アプリリストグループ"機能を追加します。
これにより、カテゴリごとに複数のアプリリストを作成し、ポリシーにはそれらをまとめた
"アプリリストグループ"として適用することが可能となります。*2
 
【mobiAppsの配信アプリ選択時に検索機能の追加】
mobiAppsオプションのアプリ配信時に、アプリを選択するプルダウンリストに検索窓を追加し、
登録されているアプリ名から部分一致で検索することが可能となります。*2
 
【VPPライセンスの割当および回収方法の改善】
mobiAppsオプションにて、VPPライセンスの割当および回収の際に、アプリリストを選択し、
複数のアプリに対して一括で実施できるよう、改善します。*2*3
 
【共有iPadのログアウト指示への対応】
Apple School Manager(ASM)にて共有iPadとして設定したiPad端末に対し、
ログイン中のキャッシュユーザーを遠隔でログアウトする機能を追加します。*4
 
【ブックマーク設定のWebクリップアイコン対応】
ブックマーク設定にて、端末側ホーム画面に表示されるWebクリップアイコンを、
指定することができるよう、対応いたします。
 
【端末基本情報取得の実行方式を選択可能に改善】
端末基本情報取得を実行する際に、MobiConnect MDM AgentへのPUSH通知を伴うタップ方式と
通知を伴わないサイレント方式の、どちらの方式にて実行するか、選択可能となります。
従来の端末基本情報取得では、実行すると両方式が同時に実行され、端末側にPUSH通知が表示されるため、
ユーザー様への負担が懸念されていましたが、サイレント方式を選択することで、通知を表示させることなく、
情報取得を実行することが可能となります。
 
【フィーチャーセット適用および構成プロファイル配信時の方式選択を改善】
フィーチャーセット適用および構成プロファイル配信画面にて、MobiConnect MDM AgentへのPUSH通知を伴う
タップ方式がデフォルトで選択されておりましたが、実行状況および利用頻度を考慮し、
デフォルトでサイレント方式が選択されるよう、改善します。

 

《Windows端末向け》

【端末基本情報取得にて取得可能な情報の追加(Agent方式)】
Windows端末Agent方式の端末基本情報取得にて、取得可能な項目に下記を追加します。*5
  • コンピューター名
  • シリアル番号

 

■メンテナンス中のご利用について■

申し訳ございませんが、メンテナンス作業中は、サービスをご利用になれません。
作業開始時にサービスにログインされていた場合は、セッションが切れ、エラーページが表示される場合がございます。
この場合、メンテナンス作業が完了するまでは、管理画面へログインする事ができません。
iOS向けの端末は、メンテナンスを実施している時間帯にPUSH通知やMobiConnectクライアントアプリのアイコンを
タップしても、サーバーに接続ができない可能性があり、管理要求の処理が終了する場合があります。

 

ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

*1 サポートブラウザとして対応しているiOSのSafariは、iPad端末のみとなります。

*2 本機能をご利用いただくにあたり、mobiAppsオプションにご加入いただく必要があります。
 ご料金等につきましては、販売代理店または担当営業までご相談ください。

*3 VPPは、Apple社より提供されているアプリのライセンス管理プログラムとなり、別途Apple社にお申し込みが必要となります。

*4 Apple School Managerは、Apple社より教育機関向けに提供されているプログラムとなり、別途Apple社にお申し込みが必要となります。

*5 本機能をご利用いただくにあたり、Agentのバージョンが24.0以降である必要があります。
 各機種の対応状況等は、サポート機種情報にてご確認ください。https://inventit.zendesk.com/hc/ja/articles/206327782

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk